本文へスキップ

電気工事施工管理技術検定試験に合格するためのサイト

電気工事士とは/電気工事施工管理技士

電気工事施工管理士

電気工事士とは

電気工事士とは

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。
その資格のある人を電気工事士といいます。

■電気工事士の種類

第一種

第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。


第二種

一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。


■電気工事士試験の解答方式

試験は第一種も第二種も、四肢択一方式でマークシートに記入する筆記試験と、実技による技能試験との2段階で行われます。
 筆記試験の合格者はその年と次の年の2回、技能試験に挑戦する権利(次の年は、筆記試験免除者として技能試験を受験する。)があり
ます。

 近年、技能試験は出題候補問題が事前に公表されているので、勉強がしやすくなりました。